• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアでは新型…

オーストラリアでは新型コロナウイルスのワクチンの接種が着実に進められている。周囲には既に打つことができる人もおり、結果について耳にした。

あくまで自分の知人の範囲であり、オーストラリア全体のこととして一般化できないが、接種後にひどい頭痛を経験した人を何人か聞いた。しばらく腕が痛い人もいた。もちろん、こうした反応は例年行われているインフルエンザワクチン注射でも起きていることであり、過剰に受け取る必要はないのかもしれない。ただ、ある職場では副反応により病欠を取る人も出ているとのことで、人員確保のために同じ部署でのスタッフの接種は日にちをずらすように決めているという。

これまでにないウイルスに対して、新しいワクチンを短期間で開発して接種を始めた訳だから、何かと情報が入り乱れることも仕方ないのかもしれない。(欣達)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:通勤途中に白を基調とし…(05/14)

豪州、ワクチン接種に約13億円の資金支援(05/14)

豪与野党、予算案にらみ攻防 労働党は起業支援の対案発表(05/14)

<予算案>法人税の軽減、税収負担は労働者に(05/14)

<予算案>小売業界は歓迎も巨額負債に警戒(05/14)

<予算案>時代遅れの生命保険を一掃へ(05/14)

<予算案>退職年金の規制緩和、業界歓迎(05/14)

<予算案>医療保険料の抑制と精神病支援拡大(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン