スー・チー氏また訴追、復権阻止か

【ヤンゴン共同】国軍がクーデターで全権を握ったミャンマーの裁判所で12日、アウン・サン・スー・チー氏のビデオ審理が開かれ、新型コロナウイルス対策を怠ったとして自然災害管理法違反の疑いで新たに訴追された。既に同容疑を含み5回訴追されており、復権を恐れ、阻止しようと…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ガソリン3割高騰、政変後に 銀行機能不全とチャット安で(05/07)

一般行政局を再び内務省傘下に、軍関与強化(05/07)

国連はミャンマーへの武器禁輸措置を、NGO(05/07)

銀行の現金不足深刻、預金の引き出し続く(05/07)

企業登記、4月は反転し前月比5割増に(05/07)

コロナ再拡大に懸念、周辺国のまん延で(05/07)

連結純利益は史上2番目=丸紅社長(05/07)

天然ゴム価格が低下、需要の冷え込みで(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン