• 印刷する

テイクオフ:オフィス街の飲食店の客…

オフィス街の飲食店の客足が戻りつつある。5日から新型コロナウイルスの感染対策の一環である出勤制限が緩和されたため、当然の動きといえる。店によっては予想以上の人出で、スタッフがかなり忙しそうだ。

ある洋食レストランに行くと、ランチ前に20人以上が並んでいた。もともと人気がある店舗なのだが、開店後にすぐに満席。店側は回転率を上げようと、客の皿が空になるたびに素早く片づけていた。飲食業界に詳しい知人によると、コロナ下の渡航規制で海外旅行に行けない分、飲食に支出する消費者が増えている。その流れが、オフィス街にも来る可能性が高いという。

閑散としていたオフィス街の飲食店にとっては、業績の回復に向けた時がやってきたといえそうだ。自身は入店時に長蛇の列に並びたくないので、再びランチタイムをずらす必要に迫られそうだ。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

在宅勤務義務化、店内飲食禁止 16日から、経路不明の感染増で(05/14)

新規感染52人、市中は24人(14日)(05/14)

1~3月の企業景況感、大幅に改善(05/14)

シングテル、米子会社不振で多額の特損計上(05/14)

STエンジとテマセク、貨物機リースで提携(05/14)

香港との往来再開、高確率で延期=運輸相(05/14)

チャンギ空港と隣接商業施設、一般立入禁止(05/14)

在宅勤務義務・店内飲食禁止、16日から(05/14)

ベトナムからの入国規制強化、感染拡大で(05/14)

ECラザダを公式パートナーに 大型セール、コロナ下での拡販へ(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン