ラーガン執行長、5月までの運営を悲観

台湾の光学デバイス大手、大立光電(ラーガン・プレシジョン)の林恩平執行長は8日、5月までの運営状況に悲観的な見通しを示した。センサー部品の供給不足を受け、顧客が発注を約3カ月遅らせているためで、4~5月の受注量は右肩下がりになると予想している。中央通信社などが…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「コロナウイルスワクチ…(05/11)

TSMCと歩む繁栄の道 半導体をつくる島の未来(1)(05/11)

TSMCの4月売上高、前年同月比16%増(05/11)

聯発科技の4月売上高、前年同月比78%増(05/11)

光磊、日亜化学と次世代技術など提携強化へ(05/11)

穏懋半導体、南科新工場に100億元投入へ(05/11)

中鋼の1Q決算、90億元の黒字(05/11)

カ聯鋼鉄の高雄工場で火災、1人を病院搬送(05/11)

東芝が高鉄から電気設備受注、76億円(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン