武装勢力、スーチー氏は「間違いを自覚」

ミャンマー東部カイン州(旧カレン州)を拠点とする少数民族武装勢力、カレン民族同盟(KNU)の広報官は、民主化指導者のアウン・サン・スー・チー氏は「国軍との協調を模索したことの間違いに気づいたはず」との見解を示した。 KNU第5旅団のパドー・マン・マン広報官は、…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

クーデター後の死者700人超 軍は強硬姿勢、弾圧やまず(04/12)

国軍関係者殺害で19人死刑判決、政変後初(04/12)

安保理が初公開会合、制裁巡り相違露呈(04/12)

米、国営宝石公社を制裁リストに追加(04/12)

米国の対ミャンマー輸出6割減、2月(04/12)

シャンなどで武装勢力攻撃、警官が多数死亡(04/12)

日本対応「欧米から理解」、加藤官房長官(04/12)

「軍の資金断って」市民団体、日本政府に要請(04/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン