大垣共立銀がコンサル業強化 南北2拠点体制、収益化目指す

OKB大垣共立銀行(本店・岐阜県大垣市)が、ベトナムでコンサルティング事業の強化を急いでいる。日本国内の経済低迷と低金利の長期化で地方銀行の収益環境がいっそう厳しくなる中、成長市場における従来の顧客企業の進出支援だけでなく、海外事業そのものを収益化する必要に迫…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

ベトナムからの入国規制強化、感染拡大で(05/14)

サムスン協力会社で集団感染、工場稼働中断(05/14)

市中感染73人増、ダナン市累計100人超に(05/14)

16日に168万回分のワクチン到着、英社製(05/14)

森永乳業、ベトナムの同業エロヴィ買収(05/14)

建設大手の1Q決算低迷、建材価格高騰で(05/14)

信頼性の高い不動産開発、ビンホームズが1位(05/14)

リアルベスト、不動産仲介で大手ジムと提携(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン