現代重が投資ファンド、次世代技術の確保へ

韓国造船大手で現代重工業グループ持ち株会社の現代重工業持ち株は24日、韓国投資公社(KIC)とともに、人工知能(AI)など次世代技術の確保に向けて最大1兆ウォン(約960億円)規模の海外投資ファンドを組成すると発表した。 両社はAIのほかにも◇ロボット◇水素燃料電池…

関連国・地域: 韓国
関連業種: その他製造金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年の韓国は寒い。ソウ…(10/26)

ウィズコロナの草案発表 日常回帰へ、11月1日から始動(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

新規感染者1190人、死者7人増(10/26)

ワクチン完了1.6万人増、接種率70.1%(10/26)

文氏「危機の連続だった」、最後の施政演説(10/26)

KTで通信障害、通信の経路制御に問題(10/26)

LGU+、5G対応ロボを建設現場へ(10/26)

ハノイとHCMの都市鉄道、進捗の遅れ報告(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン