• 印刷する

60代のワクチン接種前倒し、重要職従事者も

シンガポール保健省は8日、新型コロナウイルスのワクチン接種が順調に進んでいることから、予定を前倒しして60代への接種を始めると発表した。対象者には数日中に、接種登録専用のURLをショートメッセージサービス(SMS)で送信する。優先接種を進めている重要産業の従事者や、感染リスクが高い人の幅も拡大する。

7日時点で、約37万9,000人が少なくとも1回目のワクチンの接種を受けた。うち21万7,000人が2回目の接種も完了した。

60~69歳へのワクチン接種は3月末ごろの開始を予定していた。ただ2月下旬に開始した70歳以上へのワクチン接種が順調に進んでいることから、前倒しを決めた。

優先接種を進める重要職の従事者に、新たに郵便配達員、宅配便配達員、報道記者、銀行のシステムオペレーターなどを加える。これまでは入国審査場の職員、公益インフラの整備員などを対象としていた。

感染リスクの高い産業には、ホーカーセンター(屋台街)、ウエットマーケット(生鮮食品を取り扱う伝統的な市場)、教育現場を加え、従事者への優先接種を始める。幼稚園や学校で働く教師・職員への接種については、現状では16歳未満がワクチンの接種を受けられないことから、感染を予防する上で特に重要視している。

外国人単純労働者への接種も開始する。まずはこれまでに一度も感染したことがなく、5大ドミトリー(居住施設)に住んでいる1万人を対象とする。

マレーシアからシンガポールに定期的に入国する貨物トラックのドライバーおよび同乗者にも、ワクチン接種を呼び掛ける。対象者には、貿易産業省の担当者から連絡するという。

保健省は、4月以降はさらに接種対象者の範囲を拡大するとしている。


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

輸出額、単月として過去最高 3月は12%増、非電子が好調(04/16)

不動産投資、年内にコロナ禍前の水準に(04/16)

HSBC現法、「ハイブリッド型」勤務促進(04/16)

配車グラブ、本拠シンガポールでも上場検討(04/16)

車両購入権の割り当て、5~7月は9%減(04/16)

新規感染34人、市中は2人(16日)(04/16)

DBS銀、燃料用石炭企業への融資中止(04/16)

WP保有者の入国困難、政府が感染対策徹底(04/16)

資源パビリオン、環境に配慮したLNG輸入(04/16)

グラブが隣国民放に出資、決済2社統合か(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン