• 印刷する

〔雨季乾季〕マハティール氏がワクチン接種

ワクチン接種を受けるマハティール前首相(同氏のツイッターより)

ワクチン接種を受けるマハティール前首相(同氏のツイッターより)

マレーシアのマハティール前首相夫妻は7日、クダ州ランカウイ島で新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた。ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

95歳のマハティール氏と妻のシティ・ハスマさんはランカウイ・スポーツ・コンプレックスに設けられたワクチン接種会場で、米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ企業ビオンテックが開発したワクチンの接種を受けた。このワクチンは2回の接種が必要で、21日間の間隔をあける必要がある。

マハティール氏は「ワクチンは安全で効果的だ」と強調。国民に対し、迅速にワクチン接種の登録をするよう促した。

■登録者数300万人超え

アダム・ババ保健相は7日、同日午後3時時点で政府の新型コロナウイルス対策アプリ「マイスジャテラ」を通じたワクチン接種の登録者数が322万4,641人に達したと明らかにした。

マイスジャテラを通じたワクチン接種の登録は先月24日に開始した。登録は新型コロナワクチンの国家接種計画に関する専用サイト<www.vaksincovid.gov.my>やホットライン、政府系や民間の医療機関の窓口でも受け付けるほか、インターネット環境が悪い地方向けの支援プログラムも用意する。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「これからは5G(第5…(04/20)

首都にデータセンター開設へ マイクロソフト、デジタル化支援(04/20)

スタディスト、テマセク系などから資金調達(04/20)

ワクチン計画第2期開始、初日は1万人に接種(04/20)

医療従事者の感染例、ワクチンで10分の1に(04/20)

国際的なワクチン接種証明書を=民間病院協会(04/20)

新規感染2078人、2千人台続く(04/20)

RM1=26.2円、$1=4.12RM(19日)(04/20)

後発薬の美時、タイ企業と東南アジア深耕へ(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン