• 印刷する

ITウィプロ、英同業を14.5億米ドルで買収

インドのITサービス大手ウィプロは4日、英同業カプコを14億5,000万米ドル(約1,560億円)で買収すると発表した。6月までに手続きを完了する見込み。

カプコは金融機関向けのITサービスに強い。世界的な銀行や証券会社、保険会社など100社以上の顧客を持ち、世界16カ国の30カ所余りに5,000人以上の従業員を置く。カプコの2020年の連結売上高は前年比3.9%増の7億2,000万米ドル。買収によりウィプロは、金融機関向けのサービスを強化する。

エコノミック・タイムズ(電子版)によると、今回の買収は、国内IT企業による買収案件としては最大規模という。ウィプロは買収を積極的に進めており、今回の買収は昨年7月以降で4件目となる。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

封鎖は最終手段に、首相が州政府に呼び掛け(19:55)

シン前首相がコロナで入院、野党のラフル氏も(19:55)

独社製ワクチン、変異株への有効性は8割超(04/21)

J&Jと印製ワクチン、緊急使用を承認(04/21)

インドからの入国規制強化、3週間隔離へ(04/21)

ワクチン1500万人分、印中ロから調達へ(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン