• 印刷する

トラベルバブル推進、コロナ陰性で制限緩和

韓国国土交通省は3日に発表した「航空産業のコロナ危機克服および再飛躍対策」を通じ、新型コロナウイルスの陰性確認を前提に渡航規制の一部を緩和し、隔離期間なしで相互往来できる枠組み「トラベル・バブル」を推進するとした。

ビジネス目的の往来のため一部の入国制限を緩和する「ファストトラック」とは異なり、訪問目的に制限がないのがトラベル・バブルの特徴だ。政府は今後、新型コロナの感染状況が比較的良好で防疫対策も整っている国・地域を中心に、対象となる相手国を模索していく考え。

政府がトラベル・バブルの推進を決めたのは、格安航空会社(LCC)が存続の危機に立たされていることが背景にある。日本や中華圏、東南アジアなど短・中距離の国際路線に依存していた韓国のLCCは、1年以上続くコロナ禍でほとんど運航できていない。イースター航空は事実上の破産状態で、LCC最大手の済州航空も有・無給休職の実施などの経費削減で耐え忍んでいる状態だ。

また同対策には、無着陸の遊覧飛行商品の多様化も盛り込まれた。これまで遊覧飛行商品は仁川空港発着に限られていたが、これを地方空港でも実施できるように変更する。これまで認めてこなかった海外の空港発で韓国上空を旋回する遊覧飛行も、段階的に認める方針だ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ポスコ、ミャンマー国軍系と合弁解消へ(04/16)

コロナ新規感染、2日連続で600人台(04/17)

政策金利0.5%据え置き、景気の本格回復まだ(04/16)

コロナ新規感染、700人前後で推移(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

少子高齢化が韓国の財政圧迫=IMF警告(04/16)

双竜自の更生手続き開始、ソウル回生裁判所(04/16)

現代自と起亜、上海にR&Dセンター設立へ(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン