• 印刷する

豪企業の39%「人材確保困難」、脱コロナで

オーストラリアでは依然として120万人以上が失業給付金「ジョブシーカー」を受給しているが、経済が新型コロナウイルスの影響から脱する中で、多くの企業が労働者不足に直面している。教育・技能・雇用省傘下の全国技能委員会(NSC)によると、2月19日までの4週間に企業の39%が「人材確保が困難」と訴えたという。3日付オーストラリアンが報じた。

向こう3カ月間に雇用削減を計画している企業はわずか3%で、雇用拡大を計画している企業は全体の21%となった。

豪政府統計局(ABS)が2月10日から17日にかけて約1,300社を対象に実施した調査でも、企業の13%が「労働者不足が深刻」と回答。芸術、娯楽、ヘルスケア、社会扶助分野では回答企業の21%が人材不足を訴えた。

キャッシュ雇用相は、「新型コロナの影響で失われた雇用の93%がすでに復活した状況だが、企業はさらなる労働力を求めている」と説明。特に、主要都市部以外の地域で人材の確保が難しくなっているとし、「われわれは経済の新しいステージに突入しており、人材不足に悩む企業を支援するための取り組みが必要」と述べた。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)が1日に発表した2月の求人広告数(季節調整値)は前月比7%増の17万6,000件に達し、2018年10月以降で最大となった。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:豪中の外交関係の悪化が…(04/23)

VIC州の一帯一路覚書を破棄 豪「国益反する」、中国は報復も(04/23)

中国今度は干し草、輸出停止で豪業界に波紋(04/23)

豪、越のワクチン支援に1050万米ドル(04/23)

神華集団、NSW炭鉱の開発計画を断念(04/23)

豪貿易相、欧州歴訪後に英でFTA協議へ(04/23)

JAL、シドニー―成田便を6~8月運航(04/23)

豪アレグロ、トール物流部門の黒字化に自信(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン