• 印刷する

マレーシア日通、医薬品の輸送認証を取得

日本通運は2日、現地法人マレーシア日本通運のクアラルンプール国際空港(KLIA)支店が国内の輸送サービスに関する医薬品の適正流通基準「GDP」の認証を取得したと発表した。GDPの認証取得は、今年1月14日に発効した。

日通の広報担当者は「マレーシアで需要増加が見込まれる医薬品の輸送体制が整備された」と説明した。マレーシア日通は14年にハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)認証を取得しているが、これまで輸送できたのは食品や化粧品のみ。GDPの認証取得で、ハラル関連を含めた医薬品全般を取り扱えるようになる。

マレーシア日通はスランゴール州に本社を置き、国内18カ所に支店を持つ。19年12月にスランゴール州クランのロジスティクスセンター(倉庫)で、20年12月にはKLIA支店で医療機器物流の品質に関するマレーシアの規格「GDPMD」の認証を取得しており、医療機器の取り扱いも増やしている。

日通はグループ全体の経営計画「2023KPI」で重点産業の一つに医薬品を位置付け、同産業向けの売上高を20年3月期の147億円から24年3月期には400億円に引き上げる目標を掲げている。産業の変化に伴い生まれる新たな物流を取り込む方針で、今回のGDP認証の取得は同計画の一環となる。

マレーシア日通のクアラルンプール国際空港支店の外観(日通提供)

マレーシア日通のクアラルンプール国際空港支店の外観(日通提供)


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 医療・医薬品運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クアラルンプールのイン…(04/19)

新型コロナ第4波の到来懸念 州をまたぐ移動制限解除は困難に(04/19)

新規感染2195人、4日連続2千人超(04/19)

新たな変異ウイルス、バタム島で確認(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

3月も新車販売が好調、前年同月の約3倍に(04/19)

プロトンのSUV「X50」、予約4万台に(04/19)

RM1=26.4円、$1=4.13RM(16日)(04/19)

3月の国内空港利用者数、82%減の58万人(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン