18人死亡も国軍「最小限の措置」、デモ続く

ミャンマーで治安部隊の発砲などにより少なくとも18人の死者が出た翌日の1日、国軍のミン・アウン・フライン総司令官は、治安部隊は「暴動」に対して民主的に最小限の実力行使をしていると弾圧を正当化した。欧米や日本に加え、内政干渉として直接的な批判を控えてきた東南アジア…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

北角さん「健康問題なし」、大使館と電話(04/23)

民主派政府の閣僚、国軍が反逆罪で指名手配(04/23)

22日までの死者、739人で前日と変わらず(04/23)

民主派、首脳会議参加に意欲 国軍への経済制裁を要請(04/23)

首脳会議へ連携、日インドネシア外相会談(04/23)

米政府、林業・真珠の両公社にも制裁(04/23)

この先半年で340万人が飢餓の恐れ、WFP(04/23)

〔寄り道〕ミャンマーでは、市民がスマートフォンで…(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン