• 印刷する

豪の年金ファンド残高、初の3兆ドル超え

オーストラリアのスーパーアニュエーション(退職年金)ファンドの、2020年12月末の基金残高が3兆400億豪ドル(約251兆8,220億円)と、初めて3兆豪ドルを超えたことが分かった。前年比2.2%増と、新型コロナウイルスの感染流行を背景に早期引き出し額が増えた中でも年金残高は拡大した。オーストラリアンが伝えた。

オーストラリア金融監督庁(APRA)の最新統計によると、低コストで簡素な「マイスーパー(MySuper)」商品の残高は約120億豪ドル増加した。APRAは監視強化の一環で、マイスーパーの運用実績を公表している。大半のファンドで残高は拡大したが、自己管理型の退職年金ファンド(SMSF)の残高は横ばいだった。

年金口座への拠出総額は前年比で1.9%増加。このうち雇用主による拠出額は4.1%増加したが、個人による拠出額は6.4%減少した。

年金ファンド各社は昨年、新型コロナの流行を受けた株式市場の暴落に続き、政府が経済支援策として早期引き出しを認めたことで運用が圧迫されていた。昨年の拠出額と引き出し額の差額は2019年の400億豪ドルから70億豪ドルに縮小した。引き出し総額は1,133億豪ドルだった。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:豪中の外交関係の悪化が…(04/23)

VIC州の一帯一路覚書を破棄 豪「国益反する」、中国は報復も(04/23)

中国今度は干し草、輸出停止で豪業界に波紋(04/23)

豪、越のワクチン支援に1050万米ドル(04/23)

神華集団、NSW炭鉱の開発計画を断念(04/23)

豪貿易相、欧州歴訪後に英でFTA協議へ(04/23)

JAL、シドニー―成田便を6~8月運航(04/23)

豪アレグロ、トール物流部門の黒字化に自信(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン