東南ア回復の鍵はインドネシア=ボーイング

米航空機大手ボーイングは、今後20年間の東南アジア航空市場における需要回復の鍵はインドネシアにあるとの見方を示している。1日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 ボーイング民間航空機部門のダレン・ハルスト副社長によると、東南アジアで新型コロナウイルス流行が収束した後、…

関連国・地域: インドネシアASEAN
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:黒いうわさが絶えないイ…(04/22)

コロナで窮地、宅配で道開く 外食動画サイト開業の森さん(04/22)

8割がワクチン安全性を懸念 日系企業、過半数が帰国接種希望(04/22)

国産ワクチン開発中止、樹状細胞研究に移行(04/22)

韓国と開発のワクチン、年内商用化の見込み(04/22)

ホンダ、3月は前月比67%増で1万台超(04/22)

スズキ1~3月輸出台数、前年比12%増(04/22)

自動車部品産業、稼働率70%に回復(04/22)

ホテル大手ファーイースト、隣国同業と提携(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン