国連大使、特別会合で「国軍の罪」強く非難

【ニューヨーク共同=黒崎正也】ミャンマーでクーデター前から国連大使を務めるチョー・モー・トゥン氏は26日、国連総会の非公式会合で「国軍の戦争犯罪や人道に対する罪を容認すべきではない」とクーデターを非難した。欧米諸国などからも軍政を批判する声が相次いだ。 ミャンマー…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー進出銀行、駐在員の帰国拡大(16:25)

「シリア思わせる」対応急務と国連弁務官(21:10)

正月に水掛けの音なし、追悼・悲しみ漂う(21:09)

7人に新たに死刑判決、国軍協力者殺害関与で(19:07)

水掛け祭り、マスク着用など義務化(19:03)

中銀総裁、銀行協会幹部らと会議(19:03)

スー・チー氏また訴追、復権阻止か(19:03)

クーデターから70日、死者は706人に(19:03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン