制限緩和の第3期は当面継続、上級国務相

シンガポール政府は、新型コロナウイルスの感染対策として導入している経済・社会活動制限の段階的な緩和措置の第3期を、当面続ける意向だ。ジャニル・プトゥチェリー上級国務相(保健兼情報通信担当)が国会で明らかにした。新型コロナワクチンの有効性を見極める必要があること…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスワク…(04/19)

3月輸出額、単月で過去最高 非電子好調、見通し楽観視の声(04/19)

豪NZの双方向隔離なし渡航、きょうから開始(04/19)

単純労働者の入国困難、感染対策徹底で(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

カラオケまねきねこ運営社解散、コロナ禍で(04/19)

自宅隔離でのビジネス渡航が第1目標=首相(04/19)

シンガポール航空、香港への乗り継ぎ中止(04/19)

配車グラブ、本拠シンガポールでも上場検討(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン