• 印刷する

テイクオフ:コロナ禍で巣ごもり消費…

コロナ禍で巣ごもり消費が増える中、好調な実店舗の小売業態はいくつかある。食料など生活必需品を取り扱うスーパーマーケットはその典型だろう。地元スーパー大手の昨年の決算がこのほど公表されたが、予想通り大幅な増収増益だった。

昨年2月からの新型コロナの感染拡大に始まり、4月から約2カ月間の厳しい外出制限で上半期(1~6月)が特に好調。その後も高水準の収益を上げたという。結果として通年の売上高は41%増。増員や感染対策で経費も拡大したが、純利益は84%増となった。一部メディアによると、副店長以上の幹部は最大16カ月分近くのボーナスが支給されたというから驚きだ。

わが家もこのスーパーへ通う回数が多くなっている。コロナ下でも、安くて新鮮な食料品を供給してくれるため重宝している。暗い話題が多い中での景気の良いニュースは歓迎したい。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

3月輸出額、単月で過去最高 非電子好調、見通し楽観視の声(14:41)

単純労働者の入国困難、感染対策徹底で(19:27)

カラオケまねきねこ運営社解散、コロナ禍で(19:27)

シンガポール航空、香港への乗り継ぎ中止(19:29)

配車グラブ、本拠シンガポールでも上場検討(19:29)

STエンジ、オーストラリア鉄道市場へ参入(19:29)

DBS銀、燃料用石炭企業への融資中止(19:30)

HSBC現法、「ハイブリッド型」勤務促進(19:27)

遠隔医療の免許付与、来年半ばにも開始(19:29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン