中油が触媒の研究機関設立、環境対策に貢献

台湾石油元売り最大手の公営企業、台湾中油(中油、CPC)は24日、触媒の研究開発(R&D)を行う「先進触媒中心」を嘉義市に設立した。触媒に関する技術力を高め、環境対策や域内の石化産業の高度化に貢献する方針。 先進触媒中心は「低炭素経済」「省エネ・環境保護」「グリ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車化学IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾に来てからカロリー…(04/20)

家電製品、5月以降値上げか 最大15%、コスト上昇分転嫁で(04/20)

エイサーが敦泰の一部株式取得、15億元(04/20)

聯発科技の新SoC、4ナノで生産か(04/20)

興勤電子、中台で生産能力増強方針(04/20)

南亜科技、2Q純益は前四半期比2倍も(04/20)

聯亜コロナワクチン、7月にも使用許可取得(04/20)

後発薬の美時、タイ企業と東南アジア深耕へ(04/20)

台湾EMS大手、バタムで800万米ドル投資(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン