• 印刷する

軍政が9大目標、「規律ある」民主制など

ミャンマーの軍政は、政治、経済、社会の各分野で目指すべき計9項目の目標を発表した。国軍が従来から主張してきた「真に規律ある」民主主義国家の建設などが盛り込まれた。

クーデターで全権を掌握したミャンマー国軍が設立した国の最高意思決定機関「国家統治評議会」(SAC)が、24日付国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーを通じ、目標を発表した。

政治分野では、◇「真に規律ある複数政党による民主制」での連邦国家の建設◇恒久的な和平実現に向けた少数民族武装勢力と政府との停戦協定(NCA)への特別な配慮◇積極的、独立、非同盟の外交政策――を掲げた。

経済分野では、◇近代的な手法に基づく農畜産業の発展と、他の産業の振興◇外国直接投資(FDI)の誘致による市場経済システムの形成◇国産品の奨励による雇用機会の創出――を目標とする。

社会分野では、◇真に愛国的な連邦国家精神の高揚◇全民族の伝統と慣習に敬意を払うことによる、文化遺産と民族特性の保持、保全◇全土での保健、健康、教育水準の向上―――を目指す。

「真に規律ある」複数政党制の民主主義は、民政移管前の2008年に制定された現行憲法にも、うたわれている。ミャンマー政治アナリストのリチャード・ホーセイ氏は、SACの目標について、ツイッター上で「保守主義の見るべきものがない宣言」と指摘。「(1988年にクーデターで政権を掌握した)国家法秩序回復評議会(SLORC)が戻ってきたよう」と評している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

「民政復活」占いに希望、弾圧下の市民(10:07)

ヤンゴンで邦人連行か、フリー記者北角さん(17:29)

邦人記者、自宅から連行後に刑務所移送(17:30)

民主派が紙媒体、摘発かいくぐり情報伝達(04/19)

ポスコ、ミャンマー国軍系と合弁解消へ(04/19)

ミャンマー国境輸出、21年は6%減の見通し(04/19)

ミャンマーからの密入国、相次ぐ摘発(04/19)

軍トップASEAN首脳会議出席へ、24日で調整(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン