• 印刷する

人民銀、デジタル通貨の国際研究に参加

中国人民銀行(中央銀行)は24日、香港金融管理局(HKMA)とタイ中央銀行(BOT)が進めている中央銀行デジタル通貨(CBDC)のクロスボーダー決済に関する共同研究に参加すると発表した。

同研究は、分散型台帳技術(DLT)に基づくCBDCの多通貨同時決済を実現し、国際貿易における外国為替取引の利便性を高めるためのプロトタイプ開発を目的とするもの。国際決済銀行(BIS)の香港イノベーションハブによる支援を受ける。

アラブ首長国連邦(UAE)中央銀行も今回、人民銀とともに研究に加わる。


関連国・地域: 中国-全国香港タイ中東
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

3月の新築住宅価格、上昇は62都市に増加(04/16)

1~3月GDP18.3%成長、過去最高の伸び(04/16)

ワクチン調達「リスク取る必要」、保健相(04/16)

国安教育デーの活動、香港で初開催(04/16)

各地で不動産抑制策続々、価格下落も(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

商務省「食品への脅威評価」、処理水放出で(04/16)

海外からの対中投資、1~3月は39.9%増(04/16)

友達総経理、部品不足「2Qはより深刻」(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン