• 印刷する

豪格付けAAA据え置き、NZは引き上げ

大手格付け会社フィッチ・レーティングスが、オーストラリアのソブリン格付けについて、「AAA(トリプルA)」を据え置くと共に、負債水準が過去最大規模となっていることから見通しの「ネガティブ」も維持するとした。一方、米S&Pグローバル・レーティングはニュージーランド(NZ)の格付け「AA(ダブルA)」を「AA+」に引き上げた。23日付地元各紙が伝えた。

フィッチは、オーストラリア経済は新型コロナウイルスによる打撃を長期的な影響なく吸収できたと評価。2020年の実質国内総生産(GDP)の成長率は推定2.8%減となるが、他のトリプルAの各国の中央値3.8%減に比べて高水準とした。

ただし、リスクとして感染再燃時のさらなるロックダウン(都市封鎖)の可能性と政府の負債水準を挙げた。フィッチは連邦と州政府の負債は2022年度に対GDP比で62.9%となると予測しており、これは他のトリプルA各国の中央値である42%を大きく上回る。また、対中関係もリスクと見ているが、これまでのところ大きな影響は出ていないとしている。

■コロナ後の格付け引き上げは初=S&P

S&Pは、NZの格付けをAA+に引き上げ、見通しは「安定」とした。以前はAAの「ポジティブ」だった。新型コロナの発生以来、S&Pがソブリン格付けを引き上げた例は初めて。

他の先進国よりNZ経済の復興は早く、住宅市場の停滞などのリスクへの耐久性もあると評価している。向こう3年間のGDPは年3.2%で拡大すると予想している。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでは、各…(02/26)

ブリスベン、32年五輪開催へ IOCが独占交渉(02/26)

カンタス、日本など国際線再開を10月末に延期(02/26)

ワクチン接種に応じ国境開放を=シドニー空港(02/26)

NZ感染懸念、豪が隔離なし渡航を一時停止(02/26)

QLD、メルボルンからの入境を許可へ(02/26)

空気の水分からグリーン水素製造、NTで試験(02/26)

豪政府、国軍に拘束の豪人解放訴え(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン