• 印刷する

テイクオフ:バレーボール女子代表選…

バレーボール女子代表選手の学生時代のいじめが発覚して、代表活動が無期限禁止になった事態から、韓国では校内暴力の「ミートゥー運動」が活発になっている。俳優や歌手などにも追及の声が高まっている。

最近では、女優のパク・ヘス氏が、予定していたラジオ出演がキャンセルとなった。コミュニティーサイトに「清純なイメージのある人気女優に暴力を受けた」という書き込みが掲載されたことを機に、同じような被害の声が相次いだ。

一方、虚偽の書き込みも増えている。俳優チョ・ビョンギュ氏による暴力を暴露する書き込みが掲載され、チョ氏側が警察に捜査を依頼したところ、うその内容だったことが明らかとなった。

校内暴力はほとんどの場合、証拠がないため検証が難しい。いわれのない被害者を生まないためにも、徹底した事実確認が必要となりそうだ。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【コロナ禍1年】集団免疫に国民の協力不可欠 国際ワクチン研究所キム事務総長(02/26)

TSMCの世界シェア、1Qは56%に拡大へ(02/26)

コロナ感染者、2日ぶり300人台に低下(02/26)

政策金利0.5%据え置き、不動産の過熱考慮(02/26)

ワクチン接種者に「デジタル証明書」発行(02/26)

現代自、高級SUVアルカサールを今年発売(02/26)

20年末の家計負債、3カ月で44兆ウォン増(02/26)

1月のスマホ販売54万台、前月比2.5%減(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン