• 印刷する

テイクオフ:「お客さん、タイに住ん…

「お客さん、タイに住んで長いんですか?」。スーパーで会計をしていると、不意に日本語で話し掛けられた。顔を上げると、制服のエプロンを身に着けた女性店員が立っていた。母国語のように流ちょうに日本語を話す。

聞けば、本業は日本人旅行者向けのツアーガイドだという。「新型コロナのせいで仕事がなくなってしまったから、アルバイトしているんです。働かなきゃ生きていけないからね」と明るく振る舞う一方で、マスクの上からのぞく目は寂しげだった。

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)は先週、今年の訪タイ外国人旅行者の見通しを当初の前年比25%減の500万人から52%減の320万人に下方修正した。一方で、観光関連業者への支援はなく、事業継続が危ぶまれている業者は少なくない。スーパーで働く女性が、再び旅行者を案内できる日が早く来ることを願うばかりだ。(香)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染63人、連休前に注意喚起(25日)(02/25)

食品向け紙容器の規格、8月に義務化見通し(02/25)

倉庫公団、冷温倉庫開発で民間4団体と覚書(02/25)

今年のEC市場は2.2億ドルに、新規参入も(02/26)

1月の生産者物価0.1%低下、下落幅は縮小(02/26)

テイクオフ:「世界の新規感染者が目…(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン