• 印刷する

NZ、オークランドの規制をレベル1に緩和

ニュージーランド(NZ)政府は22日、オークランドにおける新型コロナウイルスの流行状況に基づく4段階の警告システムを、22日午後11時59分よりレベル2からレベル1に引き下げると発表した。オークランド以外の地域は17日深夜からレベル1に緩和されており、これで全国の足並みがそろった形だ。またオーストラリアは21日、NZからの隔離なしでの渡航を条件付きで再開した。地元各メディアが伝えた。

週末にかけては新たな市中感染は確認されていなかった。

一方政府は、公共交通機関でのマスク着用義務は維持するとした。アーダン首相は「マスク着用は生活の一部だと思ってほしい」としている。

オークランドの地元企業は、レベル2の下で営業時間を短縮せざるを得なくなるなど打撃が大きく、レベル1への緩和を歓迎した。

■72時間以内の陰性証明が必要

オーストラリアへのNZからの隔離義務なしでの渡航については、過去2週間にオークランドに滞在していた場合に限り、NZ出国前の72時間以内に受けた検査で陰性となったことを証明する必要がある。同条件は3月1日まで継続する。

■港湾作業員、ワクチン接種開始

オークランド港では、感染リスクが高いとみなされている港湾作業員や技術者などの新型コロナワクチン接種が開始された。

同港には接種場所としてテントが設置され、対象者は出勤時に接種を受ける仕組み。対象者は19日に、ワクチン接種を受けるよう促すメールを受け取ったとみられる。

ラジオNZの調査によると、22日の朝には多くの人が「家族の安全を確保したい」との理由でワクチン接種に積極的な姿勢を見せた。一方、接種するかどうかもう少し時間をかけて決断したいとした人も見られた。

NZでは20日からワクチン接種が開始されており、最初に入国管理職員が接種を受けた。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでは、各…(02/26)

ブリスベン、32年五輪開催へ IOCが独占交渉(02/26)

カンタス、日本など国際線再開を10月末に延期(02/26)

ワクチン接種に応じ国境開放を=シドニー空港(02/26)

NZ感染懸念、豪が隔離なし渡航を一時停止(02/26)

QLD、メルボルンからの入境を許可へ(02/26)

空気の水分からグリーン水素製造、NTで試験(02/26)

豪政府、国軍に拘束の豪人解放訴え(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン