• 印刷する

テイクオフ:昔から人に顔を覚えられ…

昔から人に顔を覚えられやすい。自身は、よく友人から「その辺にいそうな東アジア系の顔」と言われるほど一般的な見た目なのだが、なぜか印象に残るらしい。一度で覚えてもらえてうれしい反面、たまに自分が意識していない人にまで鮮明に記憶されていて、恥ずかしい気持ちになる。

先日、1年ぶりに受けた健康診断では、採血担当のシンガポール人看護師が「昨年は髪が長かったけど、ばっさり切ったのね」とにっこり。今回はマスクを着用していて顔の半分が隠れていたのに、すぐに自身だと分かってもらえたことに驚いた。

仕事が早く終わった日に訪れた自宅近くのスーパーでは、従業員に「きょうは早いのね」と声を掛けられて目が丸くなった。いったい、いつから認識されていたのか。同店には普段ラフな格好で出掛けていたが、今後はもう少し身なりに気を配ろうと思った。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

大手3行の通期決算2桁減益 貸倒引当金増、見通し不鮮明(02/26)

シンガポール航空、3月2日から羽田便再開(02/26)

シナールマス・ランド、同業3社を買収(02/26)

スーパー紀ノ国屋、海外で初販売(02/26)

新カーシェア会社誕生、3月に営業開始(02/26)

配車グラブ、年内に350人増員(02/26)

シノバック製ワクチン、第1便が到着(02/26)

ミャンマー資金は少ない=シンガ金融庁(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン