• 印刷する

「大阪テーマの遊覧飛行」ジンエアーが発売

新型コロナウイルス感染症流行のため自由に海外旅行ができない中、韓国格安航空会社(LCC)のジンエアーは15日、大阪旅行をテーマにした遊覧飛行を21日に実施すると発表した。午後5時にソウル・仁川空港を出発し、大邱市や釜山市を通過後、日本上空を周遊して午後7時に仁川空港に戻るコースだ。

機内では音楽やクイズのイベントなどを行い、参加者にはヒルトン大阪の宿泊券や仁川―関西国際線の往復航空券などを景品として提供する。ヒルトン大阪の宿泊券は、日本が新型コロナの感染拡大に伴う外国人の入国制限を解除してから3カ月間、仁川―大阪線の航空券は2022年3月まで有効という。

今回の遊覧飛行チケットの価格は15万8,000ウォン(約1万5,200円)から。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染、5日ぶりに600人割れ(16:40)

セルトリオン、米でコロナ検査キット承認(16:54)

ナトリウム電池向け負極材、KISTが開発(17:35)

シューズも自宅でケア、LGが年内に新製品(16:55)

テイクオフ:「韓国とは?」との質問…(04/19)

韓国電池の米国投資が加速 LGが新工場、米中対立追い風に(04/19)

豪NZの双方向隔離なし渡航、きょうから開始(04/19)

コロナ新規感染、4日連続で600人台(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン