• 印刷する

雇用創出法の影響など解説=NNAセミナー

NNAは9日、インドネシアのコンサルティング会社フェニックス ストラテジー インドネシア取締役の柳田茂紀氏を講師に迎え、「インドネシア・ビジネス・セミナー」を開催した。柳田氏は、2020年11月に施行された雇用創出法について、基本的に新規投資の誘致が目的で、既にインドネシアに進出している企業への影響は限定的だと説明した。また、同法には不明な点がいくつも残るとし、施行細則である政令、さらには大臣令の施行を待って具体的に対応する必要があると述べた。

セミナーの講師を務めた柳田茂紀氏(本人提供)

セミナーの講師を務めた柳田茂紀氏(本人提供)

雇用創出法は、80本近い法律を一括改正したオムニバス法。うち第81条は労働法関連の条文で、アウトソーシングの業種制限廃止や最低賃金の算出方法の変更、解雇条件の緩和などが示されている。柳田氏は、既存の企業が新法に従うには、就業規則・労働協約を変更する必要があると指摘。労働者にとって改悪となる合意は困難なため、現状が継続する可能性が高く、企業へのメリットは限定的にとどまるだろうと説明した。

■合弁から単独出資への切り替え進む?

一方、第144条で規定した「外国人の不動産所有」では、経済特区などで外国人にアパートや事務所の所有権が認められたことを「画期的な改革」と評価した。投資関係では、外資の出資比率制限が30事業分野に限定されたことで、今後は合弁から外資100%に資本比率を変更する企業が増えるだろうと予想した。

ビジネスリスクでは、新型コロナウイルス感染拡大で経済成長が減速し、焦点となる上位中所得層の消費回復が22年にずれ込む可能性もあると述べた。世界銀行は21年のインドネシアの経済成長率について、移動制限の緩和やコロナワクチンの開発が進めば4.4%に達するが、移動制限が継続し、世界経済の回復が遅れれば3.1%にとどまると予想している。

また、ジョコ・ウィドド政権は政治的には安定しているが、依然として地域間や富裕・貧困層間の格差が解消されていないと指摘。所得格差やコロナの影響で拡大する財政赤字に対応するため、政府は増税による税収拡大に躍起だと述べた。

インドネシア・ビジネス・セミナーは14回目。今回初めてオンラインで開催し、約50人が参加した。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

テスラ投資提案、現在も協議中=調整相(02/26)

大統領支持率、コロナ長期化でやや低下(02/26)

三菱UFJがウェブ商談会 ダナモン銀と共催、26日まで(02/26)

シナールマス・ランド、同業3社を買収(02/26)

アストラ、20年決算は26%の減収減益(02/26)

UTのコマツ製重機販売、20年は47%減(02/26)

呼気式コロナ検査、4月から空港にも導入(02/26)

メラック港、11月に新たなふ頭を運用(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン