• 印刷する

2月1日から学校再開、首都西郊は閉鎖継続

タイ教育省は27日、新型コロナウイルス感染症の再流行に伴い閉鎖している、感染リスクが高い区分の「レッド」(高度管理地域)に指定された都県の学校を2月1日から再開することを認める通達を出した。感染拡大が続いている首都バンコク西郊サムットサコン県は引き続き閉鎖してオンライン学習とする。

通達によると、高度管理地域に指定され閉鎖対象となっていたバンコクを含む27都県の公立・私立の全教育機関について、再開を認める。ただし、バンコク、バンコク北郊ノンタブリ県とパトゥムタニ県、同東郊サムットプラカン県、西部パトゥムタニ県の学校では、1クラス25人以下とすることを条件とした。

教育省は今月2日、高度管理地域に指定された28都県の学校について、同月31日まで閉鎖する通達を出していた。


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

車部品決算、20年は4割減益 全14社が減収、コロナで生産低迷(03/05)

シェルとBMW、共同でEV充電サービス(03/05)

タイ製タイヤにAD関税適用せず、財務省(03/05)

米EVLOMO、タイのEV充電市場に進出(03/05)

日通商事、東部に新たな物流センターを開設(03/05)

米フォード、約2500 台をリコール(03/05)

フレイザーズ、越南部で工業団地開発を計画(03/05)

バンコク郊外の「森の街」、予約ペース加速(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン