• 印刷する

鴻海MIHの「EVキット」、4月出荷へ

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手の鴻海精密工業は、電気自動車(EV)のハード・ソフトウエアのオープンプラットフォーム「MIH」の第1弾となる開発者向けキット「EV Kit」を4月から出荷する見通しだ。2月から受注を開始する。27日付中央通信社などが伝えた。

EV Kitの開発を主導する鴻海のEV合弁、鴻華先進科技の李秉彦総経理によると、まずは鴻華先進に共同出資する台湾自動車大手の裕隆汽車傘下で、「LUXGEN(ラクスジェン)」ブランドの乗用車を生産する納智捷汽車にEV Kitを提供。その他の自動車メーカーにも順次供給していく。

MIHは新型EV Kitの開発も進める方針。鴻海が10月に開催を予定している開発技術の説明会「鴻海科技日」で成果報告を行うことも検討している。

MIHは2020年10月に初公開した。今月25日までに492社が加盟している。

■3本柱で発展

鴻華先進の李総経理は、EV、サブシステム、技術サービスの3本柱で事業を発展させていく考えを示した。このうちEV事業はプラットフォームの開放を基礎に、商品を乗用車、商用車の分野に広げる。

サブシステムは、自動運転や新エネルギー車(NEV)の動力、モノのインターネット(IoT)の自動車版「インターネット・オブ・ビークル(IoV)」を含む。技術サービスでは、製品の企画や設計、試験に関する自社のノウハウを提供するという。

李総経理は、「鴻華先進は自社ブランドを設けず、他社ブランドを支援する役割を担う」と強調した。

鴻華先進は20年11月に設立した。出資比率は鴻海が51%、裕隆汽車側が49%。現在の従業員数は約800人という。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近、コンビニの店内入…(03/02)

ワクチンを機に空輸運賃上昇 大手2社、台米線最大4割値上げ(03/02)

TSMCが米工場6カ所建設か、1兆元超へ(03/02)

高雄の5G・AIoT拠点、進出に優遇策(03/02)

台湾PCB企業の中台生産、20年は過去最高(03/02)

シャープが堺の液晶工場株売却へ、24%保有(03/02)

華新科技が高雄工場取得、MLCCを増産(03/02)

中華電信が緯創傘下に出資、クラウド開拓(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン