• 印刷する

三菱電機の販社、21年度は19%増収目指す

三菱電機製品のタイ販売会社、三菱電機カンヨンワタナは、2021年度(21年4月~22年3月)に前年度比19%の増収を目指す。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「新常態」に見合った製品や技術の開発、販売代理店や小売店への支援、アフターサービス、オンラインマーケティングなどを強化し、販売拡大を図る。

三菱電機カンヨンワタナの神屋親治社長は27日に発表した声明で、新型コロナの感染拡大の影響でエアコン需要が減退し、同社の20年度(20年4月~21年3月)の売上高は前年度比4%減となる見通しと説明。21年も新型コロナによる影響が続いており、新常態による生活様式の変化が進んでいくとし、「新常態の消費動向に見合った製品や技術の開発に注力していく」との方針を示した。

同社は、特に業務用エアコン市場は成長の余地があるとみて、販売に注力している。カスタマーサポート拠点を既存の6カ所から9カ所に増やし、25年度までにBtoB(企業間取引)の比率を現在の15%から30%に引き上げたい考えだ。

同社は、1971年に家電の販売会社「カンヨンワタナ」として設立され、今年で設立50周年を迎える。20年度は減収となる見通しだが、タイのルームエアコン市場とウオーターポンプ市場でトップシェアを堅持している。

■エアコンと冷蔵庫の新製品発売

三菱電機カンヨンワタナはこのほど、家庭用インバーターエアコン「ミスター・スリム・エコ・アイ・インバーターXTシリーズ」と2ドアの冷蔵庫「MR―FC35ER」を発売した。

インバーターエアコンは、タイ市場向けに開発された製品で、室内のヒトの動きを察知する「エコ・アイ・センサー」を搭載している。室内が20分以上にわたり無人になった場合、自動的に省エネモードに切り替わる。1時間以上にわたり無人になった場合は、自動的に電源が切れ、ヒトが戻ると電源が入る仕組みになっている。このほか、高速冷却機能や微小粒子状物質「PM2.5」除去フィルターなども備える。

三菱電機カンヨンワタナのマーケティング・セールス部門の藤木孝司エグゼクティブゼネラルマネジャーによると、タイのルームエアコン市場におけるインバーター化率は20年度に73%となり、21年度には80%を超える見通しという。

タイ市場向けに開発した家庭用インバーターエアコンの新製品を発表する三菱電機カンヨンワタナの神屋社長(右から2人目)、藤木氏(左)ら=タイ(同社提供)

タイ市場向けに開発した家庭用インバーターエアコンの新製品を発表する三菱電機カンヨンワタナの神屋社長(右から2人目)、藤木氏(左)ら=タイ(同社提供)


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 電機

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2020年ミス・ユニバ…(03/08)

航空3社、20年は5400億円赤字 コロナ禍で相次ぎ破綻、苦境続く(03/08)

1カ月ぶりに確認、2人が新型コロナ感染(03/08)

今月末のモーターショー、成約目標710億円(03/08)

タイ日産の社長交代、4月に関口氏就任へ(03/08)

発電EGCO、5年間に5340億円の投資計画(03/08)

エネ規制委、原油高も燃料調整金を据え置き(03/08)

ティプコアスファルト、販売量28%減見込む(03/08)

タイユニオン、サプリ製造会社を設立へ(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン