• 印刷する

テイクオフ:昨年から学生らが中心と…

昨年から学生らが中心となって続けている反体制デモが、このところ沈静化している。今でも続いてはいるが、以前ほど話題にならなくなり、参加者もめっきり減った。新型コロナの再流行を受けて、バンコクが最も感染リスクの高い地域に指定されたことが一因であることは間違いないが、原因はそれだけではないだろう。

デモに参加してきた人たちからは、終わりの見えない戦いに嘆きが漏れる。反体制派は、プラユット首相の辞任や憲法改正、王室改革などを求めてデモを繰り返してきたが、平行線をたどっている。反体制派の人たちにもそれぞれの生活があり、学校や会社を休んでデモに参加し続けるわけにはいかない。

反体制デモは一時的なブームではなく、このまま終わるとは思わない。より良い社会を求める反体制派の思いは変わらないが、皆一日一日を生きていくのに必死なのだ。(バ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染63人、連休前に注意喚起(25日)(02/25)

食品向け紙容器の規格、8月に義務化見通し(02/25)

倉庫公団、冷温倉庫開発で民間4団体と覚書(02/25)

今年のEC市場は2.2億ドルに、新規参入も(02/26)

1月の生産者物価0.1%低下、下落幅は縮小(02/26)

テイクオフ:「世界の新規感染者が目…(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン