国内製造業、10年で5割成長必要=貿産相

シンガポールのチャン・チュンシン貿易産業相は、同国の製造業が経済の柱として引き続き国内総生産(GDP)の2割程度を占めるためには、向こう10年で5割の成長が必要になるとの見方を示している。 同相は、現地のエンジニアリング会社ユニバックを25日に視察した後の記者会見…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

企業の海外展開・生産性向上を支援=政府(22:08)

ワクチン接種を入国条件とせず=運輸相(18:51)

内務省、防犯強化へ監視カメラ増設(18:51)

最高度の感染症研究所、国防省が設置へ(18:51)

新規感染8人、全て海外渡航者(2日)(18:51)

HCM市、1~2月の新規FDIは3件のみ(18:55)

テイクオフ:今年に入りオフィス勤務…(03/02)

2割が高度デジタル技能習得 6カ国最多、さらなる先端技術へ(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン