• 印刷する

テイクオフ:「彼氏と別れちゃった」…

「彼氏と別れちゃった」と友人から衝撃の一言が飛び出した。活動制限令中、暇を持て余し不意にかけた電話で言われたため、部屋で叫びそうになった。聞くところによるとコロナ禍で国境が開放されないことから、将来の話でもめて別れることになったそうだ。

友人いわく、「終わりの見えないコロナ禍で、いつ会えるとも分からず付き合い続ける理由が分からなくなった」という。加えて、マレーシアが大好きな友人に対し、お相手はパスポートを持っていないらしく何度取得を勧めても動かないことから価値観の違いを感じ、別れを決意したそうだ。

落ち込んでいるだろうと心配したが、すでに気になる人がいるらしい。活動制限令がそろそろしんどくなってきたが、友人とご飯に行って話を聞く楽しみが増えた。友人が早くデートに行けるようコロナ収束を祈っている。(望)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ファイザー製ワクチン、年内3200万回分調達へ(17:58)

テイクオフ:「ステイホーム」がトレ…(03/09)

【ASEAN戦略】コロナ禍で店舗展開加速 外食トリドール、新業態優先(03/09)

三菱自、ネットでの販促強化 オンラインショールーム開設(03/09)

20年小売売上高、コロナ禍で16.3%減(03/09)

RM1=26.4円、$1=4.10RM(8日)(03/09)

新規感染1529人、年初来最低に(03/09)

首都圏の投資額、20年は558億リンギ(03/09)

60代のワクチン接種前倒し、重要職従事者も(03/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン