• 印刷する

テイクオフ:長旅の道中で休憩のため…

長旅の道中で休憩のため高速道路のサービスエリアに立ち寄る人は多い。ただインドネシアの場合、その環境は残念ながら良いとは言えない。その原因は公衆トイレにある。清掃が不十分で周囲には悪臭も漂い、快適な場所とはいえない。

そこで人々が目をつけたのが、同じサービスエリア内にあるカフェ。店内にあるトイレはきれいに清掃されているため、その結果コーヒーを買わない客が店に出入りする。コーヒーを買ってトイレを利用する人もいるが、それも目的はあくまでトイレである。そのため店内のトイレに並ぶ人の列の方が、コーヒーを注文するために並ぶ列よりも長くなる。お店にはお気の毒な状況だ。

サービスエリアのカフェが「公衆トイレ化」してしまう現状は、残念ながら本来の公衆トイレの質の悪さを表している。政府は早く対策を講じてほしい。(ア)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ECの価格設定に関する規制導入へ=貿易相(03/05)

FB、インドネシアでも政治広告を縮小へ(03/05)

短工期を支える日本の技術 西ジャワ新港、地盤改良と連絡橋(03/05)

配当への所得税を免除、国内再投資を促す(03/05)

IT大手2社の合併、条件付き売買合意か(03/05)

交通インフラ開発の加速、投資公社に期待(03/05)

産業用原料の水産品と塩、輸入規制を強化(03/05)

UTのコマツ製重機販売、1月は14%減少(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン