反落、30000突破後利益確定売り=香港株式

21日の香港株式市場は6営業日ぶりに小幅反落した。中国本土からの投資資金流入が続いていることや、前日の米ニューヨーク株式市場の高騰から一時は30000の大台を超えたが、その後は利益確定売りが優勢となった。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

尖沙咀のモール、2日間休業 300店舗従業員をコロナ強制検査(03/01)

新たに22人感染、域内で17人=計1万1005人(03/01)

復星・ビオンテック製ワクチン、香港に到着(03/01)

急反落、米株安受け2万9千割る=香港株式(03/01)

1月香港ドル預金19%増、元建ても高水準(03/01)

1月住宅ローン承認額、前月比1.7%減(03/01)

スタンチャート配当再開へ、20年は8割減益(03/01)

希慎興業の20年通期、不動産評価損で赤字(03/01)

香港の実業家、エアアジアの大株主に(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン