政策金利据え置き、今年最初の月例会合で

インドネシア中央銀行は21日、前日から2日間開いた今年最初の月例理事会(金融政策決定会合)の決定に基づき、政策金利の7日物リバースレポ金利を3.75%で据え置いた。 市場金利の実質的な下限である「翌日物預金ファシリティー金利(FASBI)」も3.00%、市中銀行が中銀か…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夕方、スーパーマーケッ…(03/02)

2割が高度デジタル技能習得 6カ国最多、さらなる先端技術へ(03/02)

国内感染の発表から1年 新型コロナ下の動向を振り返る(03/02)

2月消費者物価指数、前年同月比で鈍化続く(03/02)

酒造産業への規制緩和、投資を拡大=専門家(03/02)

奢侈税減免対象は21車種、2社の新モデルも(03/02)

地元インフルエンサーと衣料品をEC販売(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン