• 印刷する

20年の外国人観光客、コロナ影響で75%減

ミャンマー・ホテル・観光省によると、2020年にミャンマーを訪問した外国人観光客が前年から約75%減少した。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた。ミャンマー・タイムズ(電子版)が20日伝えた。

ティン・ラット副ホテル・観光相が、先に開催された国家観光開発中央委員会の会合で明らかにした。19年実績の430万人超から、およそ100万人に減ったことになる。

同氏はまた、海外からの観光客の受け入れの見通しに触れ、「早くても9~10月になるだろう」との見方を示した。

ミャンマー政府は当初、20年に500万人の外国人観光客を誘致できると見込んでいたが、新型コロナの影響で実現しなかった。外国人観光客の減少は観光関連事業に打撃を与え、飲食店や旅行会社、送迎サービス業、土産店などの売上高は前年比75%減少した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品観光

その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏、新たに訴追=ビデオ裁判(17:28)

政変前に「権威ある人」へ私信、軍政が弁明(16:29)

農業省、機械化推進に向け関連部局を統合へ(14:01)

〔寄り道〕クーデターへの抗議活動に対す…(13:45)

燃料輸入量削減で貿易赤字縮小へ=総司令官(13:44)

MEB銀、公務員年金の支払い業務に支障(13:44)

カレン民族、SACとCRPHを拒否の姿勢(13:27)

国軍、一方的停戦期間を3月末まで延長(13:26)

実力行使と暴力非難、日本が外務報道官談話(11:28)

米政府が追加制裁を準備、デモ弾圧受け(09:24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン