首都圏建設現場の査察、罰金510万ルピー

インド環境省は19日、デリー首都圏(NCR)の建設・解体現場1,600カ所以上で行われた査察により、119カ所で廃棄物管理規定の違反が見つかったと発表した。 検査を行った期間は2020年12月31日~21年1月15日。査察の結果、27カ所で作業の停止が命じられたほか、総額で510万ルピー…

関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン輸出にアクセル 47カ国に供給、純国産も本格展開へ(03/05)

タイ製タイヤにAD関税適用せず、財務省(03/05)

ジャガー、EV投入に向けた販売態勢構築(03/05)

車部品団体、ハリヤナ雇用法の再考を要求(03/05)

家電バジャジ、物流マヒンドラに配送委託(03/05)

インド、ロシアにエネルギー事務所開設(03/05)

海外ソフトウエア購入、源泉徴収税の対象外(03/05)

太陽光発電の直接取引、デリーで試験事業(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン