• 印刷する

シンガポール航空、衛生安全基準で最上級認定

シンガポール航空(SIA)は19日、航空会社の評価を手掛ける米国のNPO、APEXから、航空業務の衛生安全基準で最上級「ダイヤモンド」の認定を受けたと発表した。アジアの航空会社ではSIAだけだった。

APEXは、航空関連の米マーケティング会社シンプリーフライングと共同で、航空会社の機内サービスや地上業務など10項目の衛生安全対策を評価。コロナ下でも安心して利用できる最上級の「ダイヤモンド」として、SIAを含む世界の航空会社9社を認定した。

SIAは、搭乗前の乗客の健康チェックや客室乗務員のマスク、ゴーグル、手袋着用のほか、デジタル技術を活用した非接触型のモバイル・チェックインサービス、機内サービスなどが評価された。

SIAの顧客体験部門バイスプレジデント、ヨー・ピーテイク氏は「ダイヤモンド認定を受けたことで、当社が全業務・サービスで乗客の安心・安全を確保できることを知ってもらえる」と述べた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品運輸

その他記事

すべての文頭を開く

シンガ外務省、ミャンマーへの渡航中止勧告(03/05)

シンガ金融庁、ミャンマー関連で注意喚起(03/05)

米ラスベガスサンズ、アジア事業に注力(03/05)

隣国から電力輸入、試験事業の公募開始(03/05)

新規感染9人、計6万人超(5日)(03/05)

雇用差別で就労ビザ申請資格剥奪、年50社に(03/05)

1月小売売上高、前年旧正月の反動で悪化(03/05)

シンガポール航空、会員の個人情報流出(03/05)

家族ビザ保有者の就労規制、新興企業が懸念(03/05)

コロナ禍の所得が改善基調に 経済・労働市場回復で=銀行調査(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン