• 印刷する

テイクオフ:フィリピンで絶大な人気…

フィリピンで絶大な人気を博した日本アニメ「超電磁マシーン ボルテスV(ファイブ)」が、CGを駆使した実写版として民放大手GMAネットワークで放送される。発表からほどなく、GMAが予告編を公開した。

日本では1977年から放映された本作。当地ではマルコス独裁政権時代から放送され、最高視聴率58%を記録したとされる。若い世代の友人にもコアなファンが多く疑問に思ったが、その後も再放送されたことで世代を超えて知名度が高いようだ。数年前には、放送40周年を記念したイベントが開催された。

当地ではキャスト予想で盛り上がりを見せる一方、日本でも反響を呼んでいる。インターネット上の反応は「原作に忠実で愛にあふれている」「クオリティーが想像超え」など上々で、早くも日本への逆輸入を求める声が多い。両国の熱狂的な期待に応えられるか、今後も目が離せない。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ビデオ通話は問題が生じ…(03/08)

財閥アヤラ、再エネに注力 300億ペソ調達、東南ア最大狙う(03/08)

政府、モデルナ製ワクチン1300万回分確保(03/08)

コロナ感染新たに3276人、計59万4412人(03/08)

南ア型変異株、新たに52人の感染確認(03/08)

首都圏のコロナ対策見直し、感染者急増で(03/08)

アストラ製ワクチン、ラグナ州で接種開始(03/08)

モンデニッシンが上場へ、過去最大のIPO(03/08)

2月物価上昇4.7%、2年2カ月ぶり高水準(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン