• 印刷する

海洋公園の再建計画、入場無料の新エリアも

香港政府は18日、香港島南部のテーマパーク、香港海洋公園(オーシャンパーク・ホンコン)の再建計画を発表した。無料で入場できる買い物・飲食・エンターテインメントゾーンを設けることや、アトラクションごとに料金を徴収する案などを盛り込んだ。

新しい買い物・飲食・エンタメゾーンは、園内の低地エリアに設ける。自然保護・教育関連の施設やアトラクションはこのゾーンに併設される。向こう3~5年で耐用年数を過ぎるアトラクションは段階的に廃止する方針だ。同ゾーン内の小売店や飲食店、レジャー施設の運営は外部委託(アウトソーシング)する。

一方、高地エリアでは、古いアトラクションを廃止して、冒険をテーマとした新ゾーンを設置する。ジップラインなどの屋外アトラクションが設けられるという。

香港政府の邱騰華(エドワード・ヤウ)商務・経済発展局長は記者会見で、園内エリアや施設の一部の開発・運営を外部委託して、同園の長期的な財務の自立を図る方針を表明。計画の実行には時間と資源が必要だとして、政府から支援を提供する必要があると説明した。

政府による支援としては、運転資金として16億7,000万HKドル(約224億円)の資金を援助するほか、自然保護・教育関連の取り組みを支援するため2022/23年度(22年4月~23年3月)から4年間で計11億2,000万HKドルを提供する計画。さらに、政府からの融資(計54億HKドル)の返済開始を28/29年度に先送りすることや今年7月以降の利払い免除を提案した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ下で人と会う機会…(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

ハンセン指数、100銘柄に倍増 改革始動、来年半ばにまず80に(03/03)

20年の投資認可額、22%減の1640億リンギ(03/03)

新たに13人がコロナに感染、累計1万1032人(03/03)

政府、飲食店に食後処理専門員配置義務付け(03/03)

持ち家比率20年ぶり低さ、若者世代で顕著(03/03)

反落、金融市場のバブル懸念表明で=香港株式(03/03)

特別買収目的会社の上場制度、金融委が整備指示(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン