• 印刷する

テイクオフ:久保田利伸の「LA・L…

久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」、大滝詠一の「幸せな結末」、LUNA SEAの「I for You」。最近通い始めた日本料理店がいつも日本の懐メロを流している。日本料理店だから、J―POPを流すのは普通なのだが、気になるのは曲の年代。どの曲も決まって1990年代の曲なのだ。

前回店を訪れた時は台湾人の店主に理由を聞こうと思ったのだが、一緒にいた台湾人の妻が唐突に「ドラマよ」と言い放った。確かに上記3曲をはじめ流れる曲はたいていドラマの主題歌。店主の風貌も40歳前後で、台湾のテレビ局がこぞって日本ドラマを放送していた90年代に青春を過ごしたのかもしれない。

90年代と言えば、日本は「失われた10年」とも称される経済の低迷期だったが、ソフトパワーは案外好調だった。台湾にあふれる日本料理店も日本の世紀末の文化力がもたらした遺産なのかもしれない。(陳)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: サービスメディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

FII、中国河南省周口に新工場設置へ(03/05)

日本人留学生が10年で3倍超 仲介業が発達、企業は卒業生狙う(03/05)

TSMC、ウエハー1枚売上高が業界最高(03/05)

鴻海の2月売上高が8割増、同月過去最高(03/05)

エイサー、PC供給が7割不足(03/05)

遠伝と亜太、基地局2千局を増設へ(03/05)

半導体設備投資、今年台湾首位か=SEMI(03/05)

NCCが5G網拡充に補助、2年で155億元(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン