20年旅客数、36年ぶり少なさ 業界、本土との往来再開熱望

香港政府観光局(HKTB)が15日発表した2020年の香港への旅客数は、前年比93.6%減の延べ356万9,000人(暫定値)で、36年ぶりの少なさとなった。新型コロナウイルス感染症の流行による各国・地域の検疫措置や出入境制限の影響を受けて激減した。旅行業界関係者は、中国本土との…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

観光局、販促に11.4億HKドル 大湾区一体型PR打ち出す(03/05)

香港を経済自由度評価対象から除外、米財団(03/05)

ぜいたく品市場、コロナ収束後も回復困難(03/05)

新たに9人感染、域内で6人=1万1055人(03/05)

急反落、米金利再上昇を警戒=香港株式(03/05)

債券通南向き、人民銀と準備中=金管局総裁(03/05)

MPF運用利回り、2月は0.47%(03/05)

中銀香港、環境配慮型融資の手数料を減免(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン