• 印刷する

中国がワクチン提供表明、比中外相会談

フィリピンのロクシン外相は16日、中国の王毅国務委員兼外相とマニラ首都圏で会談した。中国側はフィリピン国内の新型コロナウイルス対策を支援するため、中国製のワクチン50万回分を供給することを表明した。インフラ事業などに5億人民元(約80億円)を資金援助することも明らかにした。

両者の会談は2020年10月に中国雲南市で開いて以来となる。王氏は「新型コロナに打ち勝つまでフィリピンのワクチン調達に協力し、人々の支えになっていく」と述べた。

両国はフィリピンのインフラ事業でも連携強化を確認した。中国が新たに供与する5億人民元は、生活改善やインフラ事業、大型プロジェクトの事業化調査などに充てる。中国によるフィリピンへの資金援助は、今回を含めて累計32億5,000万人民元となった。

王氏はフィリピンのほか、16日までの日程でミャンマー、インドネシア、ブルネイの東南アジア4カ国を歴訪した。国産の新型コロナワクチンの提供や各国との関係強化を図った。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

南ア型変異株、新たに52人の感染確認(03/05)

コロナ感染新たに3045人、計58万7704人(03/05)

従業員向けにワクチン調達 大手企業、無料で接種促進へ(03/05)

ワクチン第2弾到着、アストラゼネカ製(03/05)

コロナ感染新たに2452人、計58万4667人(03/05)

ピナツボ火山、警戒水準「1」に引き上げ(03/05)

無印良品、オルティガス店を改装(03/05)

セブン銀、ATM事業を開始(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン