• 印刷する

MGモーター、来年に手頃なEVを投入

中国の自動車大手、上海汽車集団(SAIC)傘下の英系MGモーター・インディアは、2022年後半に手頃な価格の電気自動車(EV)を発売する計画だ。200万ルピー(約284万円)未満の価格設定を見据える。エコノミック・タイムズ(電子版)が伝えた。

ラジーブ・チャバ社長によると、手頃な価格のEVを生産するため、インドにバッテリー組立工場を設置する考え。計画は最終調整の段階に入っており、来年の稼働に向けて準備を進めているという。資金は、インドに投入予定の総額400億ルピーの一部を充当する方針だ。

バッテリーの性能向上にも力を入れており、向こう1年半以内に1回の充電で500キロの走行が可能なバッテリーの開発を目指している。

MGモーターのEV「ZS EV」の20年販売台数は1,142台。国内のEV市場で推定25%のシェアを確保した。国内最大の販売を誇るEVはタタ・モーターズの「ネクソンEV」(価格は140万~160万ルピー)で、20年の販売台数は2,868台、市場シェアは推定58%に達している。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ、南部工場のスト収束を宣言(19:12)

テイクオフ:多様な国民の需要に合わ…(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

タタEVへの補助金停止 デリー政府が決定、航続距離懸念(03/03)

2月の二輪販売、前年比で6社がプラス成長(03/03)

工具ビルラプレシジョン、ドリルの生産強化(03/03)

バーラト石油、アッサム製油所の全株売却(03/03)

ドバイ企業、西部州に貨物コンテナ工場設置(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン