ボケオ県の一部、中国人コロナ感染で再封鎖

ラオス北部ボケオ県トンペウン郡が、1月12~25日の14日間、封鎖されている。郡内のゴールデン・トライアングル経済特区(SEZ)で働く中国人男性が、新型コロナウイルスに感染していたことが分かったためだ。トンペウン郡が新型コロナ対策で封鎖されるのは、昨年12月に次いで2…

関連国・地域: 中国ラオス
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス入国、コロナ対応保険の加入義務化(03/02)

南部県のタイ国境検問所、建設再開へ(03/01)

電子通関システム、23日から本格運用開始(02/26)

【ラオス経済通信】総選挙実施、ベトナムとの国際国境開設も 第158回(02/26)

ドイツ、縫製労働者支援に180万米ドル拠出(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン