• 印刷する

ワクチンで経済正常化、専門家は慎重な見方

インドネシアで13日、中国製薬大手の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。経済活動の正常化への期待が高まる中、経済界や専門家は慎重な見方を示している。ジャカルタ・ポストが14日伝えた。

地場証券会社バハナ・セクリタスのエコノミスト、サトリア氏は「ワクチン接種計画によって、消費者の購買意欲が好転するかもしれない。ただ、根本的な経済回復には構造改革を進めて投資を誘致する必要がある」と述べた。

インドネシア英国商工会議所のクリス・レン事務局長は「インドネシアはワクチンの接種開始に対して高い期待を示しているが、実際に消費者の購買意欲回復につながるかどうかを慎重に見極める必要がある」と指摘した。ワクチン接種開始を「大きな一歩」としつつも、本格的な社会行動規制の緩和と、経済活動の正常化を実現するためには、入院患者数が減少に転じなければならないとの見方を示した。

格付け大手フィッチ・グループの市場調査会社フィッチ・ソリューションズのサクシ・シニアアナリスト(薬剤・ヘルスケア担当)は、資金不足の医療システムと検査件数の少なさから、ワクチンの普及には予想以上に時間がかかる見通しと指摘。最初にワクチンを接種する対象を高齢者でなく、18~65歳の約1億8,600万人としている点に言及し、「さらなる感染拡大を引き起こすリスクがある」との見解を示した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジャカルタ郊外の新興住…(03/08)

新車への搭載義務化を商機に 消火器の浦野、日系で唯一拠点(03/08)

車載電池の持ち株会社、6月設立を前倒しも(03/08)

タイ日産の社長交代、4月に関口氏就任へ(03/08)

国営企業相、中小規模企業の民営化を計画(03/08)

国営石油、12月にグリーンディーゼルを生産(03/08)

金資産を管理、ブリオンバンク検討=調整相(03/08)

国内航空各社、無料コロナ抗原検査を実施(03/08)

ECの価格設定に関する規制導入へ=貿易相(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン