• 印刷する

独VW、アジア向け部品供給拠点を新設

マレーシア投資開発庁(MIDA)とドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)・グループは14日、VWグループがジョホール州に、アジア太平洋の21カ国・地域の市場向けとなる部品供給拠点を新設したと発表した。施設の面積は5万平方メートルで、VWの乗用車と商用車のほか、シュコダやアウディの乗用車の部品をこれまでの施設より多い約6万5,000点保管できるという。

VWグループの販売部門責任者、クリスチャン・ダールハイム氏は声明で、「当社グループは、アジア太平洋地域の市場で、特に電気自動車が成長する可能性が大きいとみている。成長に向け、車両以外にも顧客が満足するアフターサービスを提供することが鍵になる」と述べ、部品供給拠点を拡大した背景を説明した。マレーシアは、アジア太平洋地域の市場を拡大する上で、部品供給拠点を置くのに最適な立地と指摘した。新拠点の投資額には触れなかった。

新施設は、タンジュンプルパス港に直接接続できる自由貿易区(FTZ)内に位置し、倉庫の処理能力は従来から15%増強したという。空港や道路との接続も良好で、貨物の往来にかかる時間も短縮する。

マレーシア政府は2021年度国家予算で、世界や域内向けの供給拠点となる「グローバルトレードセンター(GTC)」の設置に優遇税制を付与している。


関連国・地域: マレーシア東アジアASEAN欧州
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都の公園を再度開放、判断を一転(01/15)

サラワク州南西部に活動制限令、感染急増で(01/15)

必須サービスの定義明確化を、消費者団体(01/15)

ジェトロ、貿産省に抗議へ 制限令下で自動車製造停止などに(01/15)

新規感染3337人、過去最多を更新(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

RM1=25.7円、$1=4.04RM(14日)(01/15)

制限令下で小売16業種は営業可、自主休業も(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン